南区で探偵へパートナーの不倫の相談を行い調査を依頼して証拠を見つけます

MENU

南区で探偵が不倫相談の調査で着手する流れと内容

不倫に関する調査を探偵事務所に無料で相談しお願いし、調査した趣旨を伝えて査定金額を計算していただきます。

 

調査方式、調べた内容、予算金額に同意できたら実際の合意を結びます。

 

契約を交わしたら本調査が行います。

 

不倫調査は、大抵2人1組で行われる場合があります。

 

けれども、頼みに報いてひとかずを調節させるのができるのです。

 

探偵事務所では不倫リサーチでは、常に常に連絡がきます。

 

それで不倫調査の進捗した状況を知ることができますので、安心できますね。

 

 

当探偵事務所の不倫の調査のご契約では規定で日数が決まっていますので、規定日数分での不倫調査が終わったら、全内容と全結果内容を合わせた不倫調査報告書がお渡しいたします。

 

調査結果報告書では、細かいリサーチした内容について報告しており、不倫の調査中に撮影した写真などが添付されています。

 

不倫調査では以降、ご自身で裁判を立てるような場合には、ここでの不倫調査結果報告書の中身、写真などは大事な裏付となるでしょう。

 

調査を我が事務所にお願いする狙いとしてはこのとても重大な証を掴むことがあります。

 

仮に、調査結果の報告書で中身にご満足いただけない場合は、調査の続きを申し出をする事が可能です。

 

依頼された調査結果報告書に納得していただいて契約が終了した場合、以上によりこれらの不倫のリサーチはすべて終わりとなり、大切な調査に関した証拠は当探偵事務所にて始末させていただきます。

南区で不倫調査は探偵事務所スタッフが決定的な証拠を裁判に提出可能です

不倫のリサーチといえば、探偵事務所をイメージされますよね。

 

「探偵」とは、相談者からの依頼を受けて、周辺の聞き込み、尾行や、見張りの様々な方法によって、依頼された目標の住所、行為の情報等をかき集めることを主な業務なのです。

 

探偵事務所の仕事内容は多岐に渡っており、そのほとんどは不倫調査であります。

 

不倫の調査は特別に多いのでございます。

 

秘密が高いとされる探偵仕事は、不倫の調査にはピッタリといえるでしょう。

 

探偵事務所に不倫の調査を依頼したら、プロの経験、やノウハウを用い、クライアントが必要とされるデータを収集して提出してもらえます。

 

 

不倫調査のような調査業は、以前は興信所に調査の依頼するのが当たり前でしたが、興信所は結婚する相手の身元確認や会社の雇用調査が興信所にはほとんどであり、探偵業のように隠れて動くのではなく、標的の人物に依頼を受けて興信所から来た調査員ですと名乗ります。

 

それに、興信所のエージェントはさほど深い調査をしないです。

 

周囲へ依頼に関する聞き込みをするだけということもあるようです。

 

最近の不倫の調査では、ターゲットに気づかれないように、身辺を洗ってしてもらいたいことが多いので、探偵の方が興信所よりも利点はいます。

 

探偵業へ関する法律はありませんでしたが、トラブルが多発したことから2007年6月に探偵業法が制定されました。

 

それなので、きちんと届出を出さなければ探偵としての仕事ができないのです。

 

それにより信頼できる探偵業務がされていますので、安心して不倫調査を依頼できるようになっています。

 

不倫でお悩みの際ははじめは探偵業者に話をすることをイチ押ししたいと思っています。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

南区で探偵事務所に不倫の調査を申し出た時の経費はいくらかかる?

不倫調査で不可欠なのは探偵に対した要望することですが、手に入れるのには証拠などを施術に不服だった場合に、有能な分、値段が高くなっていく動向にあります。

 

むろん、依頼する探偵事務所等によっては料金は違いますので、いくつかの探偵事務所があればその事務所により料金が違うでしょう。

 

不倫調査の際は、行動調査といって探偵1人毎に一定の料金が課せられます。調査員の人数が増えていくとそのぶん料金がますますかかります。

 

相手の調査には、尾行のみと結果を伝えるだけの「簡易調査」と、予備調査、探偵に必要な特殊機材、証拠VTR、調査報告書で提出する「基本調査」と二つあります。

 

行動調査のかかる費用は、1時間を単位としています。

 

契約時間を過ぎても調査を続ける場合は、別料金が必要にしまいます。

 

探偵1名に分あたり1hずつの料金がかかります。

 

 

それと、乗り物を使用する場合、別途、費用が必要になります。

 

必要な日数×必要な台数毎で決められています。

 

必要な乗り物の種別によって金額は変わってきます。

 

それと、交通費や車に必要な代金等探偵調査するのにかかる諸経費等必要です。

 

また、現場の状況になりますが、必要な機材などを使用する時もあり、それに必要な代金がかかることもあります。

 

特別な機材の中には、暗くても見えるカメラ、隠し撮りするためのカメラ、超小型カメラ、隠しマイク、映像を確認するモニター色々なものが準備できます。

 

当方の探偵事務所では沢山の特殊機材を使用した非常に高い調査力で様々な問題も解決に導くことが可能なのです。